- DatAdvantageとは

DatAdvantageとは

DatAdvantage (データアドバンテージ) はアクセス権管理のためのソリューションです。
Windowsサーバ、NAS、UNIX/Linux、Exchange、SharePointといった各システムのアクセス権を1画面で簡単に管理することができます。
今まで分かり難かったアクセス権の付与状況や利用状況が可視化できるだけでなく、ユーザーアカウント/グループやアクセス権の変更適用といった従来面倒だったアクセス権まわりの操作を簡単に行うことができます。
また統計機能、監査ログ機能、レポート機能を用いることで未使用アカウントや未使用フォルダの抽出、不審なアクセスの把握などを定期的に行うことができ、IT管理者の負荷を下げながらファイルシステム全体を健全な状態に保つことができます。

アクセス権管理の限界

WindowsサーバやNASのユーザー、グループ管理、フォルダのアクセス権限管理は社員数やデータ量に比例してシステム管理者の負荷を上昇させていきます。
Secure

アクセス権限管理や変更作業の負荷を軽減

複数のサーバ・フォルダを 1つの画面で

DatAdvantageではWindowsサーバやNASといった複数のサーバやフォルダを1つの画面で管理することができるため、システム管理者の負荷を大幅に軽減させることができます。
Secure

Secure

ユーザー管理など日常の操作も統合して一元管理

DatAdvantageはアクセス権限の棚卸しツールではありません。
アクセス権限管理以外のユーザーアカウントやグループメンバー操作、パスワードのリセットやアカウントロックの解除といった日々のActiveDirectoryの操作もDatAdvantageを用いて行うことができます。

datadvantage-operation3.png

  • ActiveDirectoryユーザー/グループの操作 ( アカウントやグループの作成・変更・削除など )
  • ActiveDirectoryプロパティ値の操作 ( 所属や電話番号など )
  • グループメンバーの変更
  • パスワードのリセット
  • アカウントロックの解除
  • アカウントの有効/無効設定
  • 未使用アカウント/未使用フォルダの抽出
  • 不審なアクセスの抽出

これらは一部の機能です。詳細は資料請求または無料トライアルをお申し込み下さい。

↑ ページのトップへ戻る

DatAdvantageの特徴:可視化 >>