- DTE (Data Transport Engine)

DTEオプション

ファイル/フォルダの移動やコピー

DTE (Data Transport Engine) は指定した条件をもとに特定のフォルダやファイルの移動またはコピー操作を行なうことができます。対象のフォルダやファイルに対してアクセス権限を保持したまま移動やコピーができるため、ファイルサーバーのマイグレーション時や不要ファイルの一時移動においても移動先でアクセス権限の再設定を行うことなく、短時間にデータの移動を行なうことができます。

DTE (Data Transport Engine)の主な機能

   ・スケジュール設定を用いたデータの移動/コピー
   ・対象データが利用中であっても移動先で差分を判別して同期
   ・OS、プラットフォームやドメインが異なる場合でも移動先でアクセス権限を継承
   ・一定期間アクセスのないファイルのみを移動といった各種条件を元にした処理
   ・ファイルの移動完了後に移動元にそのショートカットファイルを配置 (ON/OFF指定可能)
   ・実行履歴レポートの出力

↑ ページのトップへ戻る

<< DSオプション (Directory Serviceの監査)      DatAlertオプション (リアルタイムアラート) >>